タグ:無駄なもの ( 4 ) タグの人気記事

まあ、当然の帰結なんじゃない?

元ネタ:Excite エキサイト : 社会ニュース

以下引用。
<インターネット>青少年の4割が1日1回利用

 内閣府は15日、「情報化社会と青少年に関する意識調査」(06年度)の結果を発表した。インターネットの情報サイトを1日1回以上閲覧すると答えた人の割合は全体の41.2%となり、01年度の前回調査(17.9%)の2倍以上に増えた。新聞を読む時間が1日「0分」との回答が22.3%から47.7%に増える一方で、「30分以上」も8.7%から16%に増えている。

 調査は10~29歳の男女5000人を対象に今年3月、面接で実施。2468人(うち小中高生1166人)から回答を得た。

 小中高生のメディアの1日平均利用時間を調べたところ、テレビ視聴は高校男子(178.2分)、同女子(174分)がそれぞれ最長。携帯電話のメールを利用する中高生の3割以上が1日20回超発信しており、中学男女、高校女子では「51回以上」との回答が2割弱を占めた。【石川貴教】
毎日新聞の必死さが伝わってくるようですね。
でも、これはもうかなり前々からいわれていた「ペーパーレス社会」への移行の前兆と考えれば、とりたてて問題でも無いような気がする……。

でも、まあ、新聞を作っている人には申し訳ないんだけど、この割合はもっと増えるでしょうね。
だって、情報サイトは常に情報は更新されるわけですし、なんたってタダですから。
逆に新聞の方はというと、情報の更新頻度は少なく、有料の情報ですから。
どっちをとるかを考えるなら、多くは後者を取るでしょうね。
その良し悪しは別として、メリットの多さも、ネットのほうに多いと僕は思います。

情報は、どの状態であっても、結局は誰かの主観で書かれている。
それだけわかっていれば、新聞だろうがテレビだろうが、ネットのニュースだろうが、問題は無いでしょう。

ていうか、この記事でも、ちゃっかり新聞を30分以上読んでいる「若者」の増加を報じています。
本当なのかどうなのかはさておき、この部分に、新聞社の必死さを感じざるを得ません。


あ、僕ですか?
暇な時しか読んでませんよ、新聞なんて……。
ネットのニュースなら、仕事中でも読めますし、通勤時間でも携帯で読めますからね。
でも、新聞は家から持ち出さなきゃならないし、捨てるのに躊躇しますからね。
[PR]
by bowworks | 2007-12-16 18:12 | ニュース

「どまつり」なんて実はいらないんじゃない?

えーっと、先日ニュースに絡めて「どまつり(にっぽんど真ん中祭り)」の批判みたいなことを書いたら、コメントでいろんな話が出てきたんですね。
挙句の果てに、このBlogに「どまつり批判」というキーワードでお越しになった方がいるようで、だったらもうちょっと「どまつり」を批判してみようかと思いました。

「どまつり」が好きな人には、お勧めできない内容です。
[PR]
by bowworks | 2007-08-30 23:25 | ニュース

どまつりの影で……。

……なんというか、ひどい話だ。

Excite エキサイト : 社会ニュース
……以下引用。
25日午後1時半ごろ、愛知県警本部に「仲間3人で女性を拉致し、現金を奪った後、殺した。遺体は岐阜県内に埋めた」と、住所不定、無職、川岸健治容疑者(40)から通報があり、事情聴取したところ、供述どおり、同日午後7時10分ごろ、岐阜県瑞浪市稲津町小里の山林から、女性の遺体が見つかった。県警は、川岸容疑者と仲間の愛知県豊明市栄町西大根、朝日新聞勧誘員、神田司容疑者(36)、名古屋市東区泉1、無職、堀慶末容疑者(32)を死体遺棄容疑で逮捕。千種署に特別捜査本部を設置し、強盗殺人容疑での追及も始めた


……情けないですが続きます。
[PR]
by bowworks | 2007-08-26 20:20 | ニュース

24時間テレビに幻想を抱ける時代は終わった

その昔、「本当に『愛は地球を救う』のかもしれない」なんて思っていた時期があった。
でも、、大きくなるにつれて、実はそれだけじゃ地球どころか隣人さえも救えないことがわかってきた。

仮に、その気づきに背を向けて、「愛で地球は救えるのさ」といい続けることができたとしても、結果として救えるのは自分の心くらいなもので、他のものはというと、強がって握り締めたこぶしからすり抜けて、全部消えてしまった……。

ふと、24時間テレビの事を考えると、こんシチュエーションを思い浮かべてしまう。

遠い昔、手塚アニメだけを見るためにテレビの前に陣取っていた記憶があるのだけれど、小学生だった当時でさえ、「愛って募金することなの?」って感じの疑問は持っていた。
結局のところ、救うべき人たちに必要なのは、まとまったお金や環境整備だったりするわけで、愛なんていうのはきっかけに過ぎにない。

かなりマジメに続いてます。
[PR]
by bowworks | 2007-08-24 00:14 | ニュース