カテゴリ:ニュース( 50 )

動物「哀誤」精神とイルカイダ

捕鯨船に異臭放つ瓶投げ付け 環境保護団体の嫌がらせか

 水産庁は18日、南極海を航行中の調査捕鯨船「第3勇新丸」に日本時間同日午前2時ごろ、異臭を放つ化学物質の入った瓶約10本が投げ付けられたと発表した。すべて船の側面に当たり、乗組員18人にけがはなかった。同庁は、活動家2人が拘束された米環境保護団体シー・シェパードによる嫌がらせとみている。第3勇新丸が同団体の抗議船を監視するために近づくと、抗議船から出たゴムボートが接近し、瓶を投げ付けられた。
えーっと、更新が完全に滞っていましたが、その間に捕鯨問題はとんでもないことになってましたね。
いやもう、更新しようと思ったら既に、話題は賞味期限が切れそうな予感、
でも、いいです。
とりあえず、思うところを書いておこうと思います。

続きます。
[PR]
by bowworks | 2008-01-20 13:35 | ニュース

わかってる人にはわかってるらしい

2ちゃんねる経由のネタで恐縮ですが、面白い話だったので、以下引用。
【捕鯨】著名な豪学者「日本の捕鯨はOK。心配なのはオキアミや小型甲殻類の方だ」→豪紙社説で猛批判を浴びる
環境問題専門家で「2007年度オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたティム・フラナリー教授は、日本が予定している1000頭の捕鯨ならば種の持続可能だという。

教授は、「それよりも海洋生物の多様性の観点で心配なのはオキアミと小型甲殻類で、これらは食物連鎖体系を維持する上で不可欠です」と語った。オキアミの生息数は乱獲と海温の上昇によって減り続けており、食糧資源が全滅に向かっている。教授は将来はさらに危機に瀕することになると心配している。日本の年935頭のミンククジラを捕殺する計画は種を脅かすものではないと言う。
「日本の捕鯨が種の維持を不可能にするなどと言える確証はありません。生息数の減少につながるとはとても考えられない」。

この著名な科学者は、日本が今年計画していた最大50頭のザトウクジラの捕殺を断念したのでほっとしたと言う。彼にとっては、クジラが「どのような殺され方」をするのかが気懸かりで、「出来る限り人道的な方法」を採ってほしいと願っている。
フラナリー教授の見解は、ミンククジラなどの小型のクジラは維持可能な捕鯨ができると2003年に雑誌で論じて以降、一貫している。

ソース:豪シドニーMH紙

■ティム・フラナリー教授が一流という者など居ない。彼は暴言を吐いた前科もあり、ひと言多い男だ。
彼の初版本「The Weather Makers」にはデータに間違いもある。日本人のクジラの間引きにOK判断を下すなどの愚にもつかない考えを発表したが、そうした彼の見解は要注意だ。
オーストラリア人は、気を病む世界の多くの人たちと同じく海洋のこれらの美しい哺乳動物を殺す行為は野蛮で道徳的に間違っていると確信している。

来週、フラナリー教授にはオーストラリアン・オブ・ザ・イヤーを返上してもらいたいものだが、さらに我々は彼に対して、扇動的な意見はもう自分の中だけに留めておくよう訴えたい。

ソース:豪デイリー・テレグラフ(社説-抜粋)


わかってる人にはわかってる。
そうで無い人には、永遠にわかってもらえない話でもあるわけですな。

続きます。
[PR]
by bowworks | 2008-01-03 00:28 | ニュース

それがホンネということですか?

元ネタ:英首相「受け入れがたい残忍行為」と捕鯨批判

以下引用。
英国の環境・食糧・農村省は21日、「クジラを守る~国境を越えた責任」と題した冊子を作り、日本政府がザトウクジラの調査捕鯨を見合わせることを発表した数時間後にホームページに掲載した。ブラウン首相は序文で「捕鯨は受け入れがたいほど残忍で、経済上でも必要性のない行為だ」と厳しい表現で批判している。

 冊子は、捕鯨を続けるノルウェーやアイスランドとともに日本を名指しで批判。「日本は87年から国際捕鯨委員会(IWC)の禁止協定で調査捕鯨を認めているという抜け穴を悪用している」と指弾している。また、ホエールウオッチングなどでの観光収入は世界の90カ国・地域で年間10億ドル(約1140億円)にのぼり、捕鯨がこうした経済的な恩恵を奪っている、と記した。
あーあ、言っちゃった。
結局、「捕鯨に反対する理由は観光利権のためなのねん」っていうのがホンネだったご様子です。
結局は金ですか。そうですか。そうですか。
これならエコテロ団体と目的はほぼ同じですね。
かたや、反捕鯨を訴えることで得られる寄付金目当ての反捕鯨。
かたや、鯨を観光資源に利用して得られる経済的な恩恵目当ての反捕鯨。
スタンスが同じなら、やり方も同じですか。
わかりやすいですね、本当に。

続きます。
[PR]
by bowworks | 2007-12-26 00:40 | ニュース

不自由な神様だなぁ……。

元ネタ*Excite エキサイト : 社会ニュース

以下引用。
<霊感商法>被害者が「おわび代」百万円 吉田警視が同席

神奈川県警の警備課長を解任された吉田澄雄警視(51)が関与したとされる霊感商法事件で、「びびっととうきょう青山サロン」(東京都港区)に通っていた横浜市の会社役員の男性(44)が金に困ってサロンに行けずにいた際、吉田警視とサロンの女性幹部に会社まで押しかけられ、「神様へのおわび代」として100万円を払わされたことが、被害関係者の話で分かった。
……なんで、新興宗教の神様って、現世のお金にこだわるのかね?
神様なんだからさ、ゼニカネのような現世の欲の象徴なんかシカトすればいいだろうにね。
でも、なぜかその神様を信仰すると「お布施」が強要され、信者はどんどん不幸になっていく……。
幸せになるはずの信仰が、不幸への片道切符になってしまうわけだから、神様のご意向なんていうのは何の役にも立たないわけだ。

続きます。
[PR]
by bowworks | 2007-12-24 23:26 | ニュース

それなら「生存捕鯨」も否定しないと!!

元ネタ:Excite エキサイト : 社会ニュース

以下引用。
<調査捕鯨>「いかなる捕鯨も正当化できない」豪外相

日本政府のザトウクジラ捕獲中止決定について、反捕鯨国の急先鋒(せんぽう)であるオーストラリアの労働党政府は歓迎している。一方でスミス外相は21日、「いかなる捕鯨も正当化できない」と述べ、日本の捕鯨船への監視活動などを予定通り実施する方針を示した。

 豪州はもともと反捕鯨の世論が強いが、前のハワード保守連合政権はこの問題で対日関係が悪化するのを避けるため慎重な姿勢だった。しかし、先月の総選挙で11年ぶりに政権を奪回した労働党は、スミス外相が「(調査捕鯨は)科学的でなく、鯨の虐殺」と発言するなど、反捕鯨の立場を鮮明にしていた。

 豪州にとってクジラは環境保護の象徴。特にザトウクジラはホエールウオッチングの対象として人気で、国内外から年間約150万人が見物に訪れる。このため、今年度からザトウクジラを捕獲対象とした日本への反発が高まっていた。

 豪政府は日本の調査捕鯨そのものの中止を目指す方針で、捕鯨船の活動に関する情報を収集し、「調査捕鯨は違法」として国際法廷に提訴する構えだ。
「いかなる捕鯨も正当化できない」って、オーストラリアはイヌイット達や他の生存捕鯨も正当化していないのかな?
でも、IWCでは反対票を投じていないよね?

これってお得意のダブルスタンダードかな?

続きます。
[PR]
by bowworks | 2007-12-23 21:52 | ニュース

国会でUFOの話なんかするな!

元ネタ:<UFO>「存在確認せず、飛来検討せず」政府が公式見解
以下引用。
政府は18日、未確認飛行物体(UFO)について「存在を確認していない」とする答弁書を閣議決定した。山根隆治参院議員(民主)への答弁。UFOに関する政府の公式見解は初めてという。

 UFOを巡っては、仏国立研究機関が今年3月、ウェブサイトで目撃情報を公開したほか、米航空宇宙局(NASA)は65年の「墜落説」に関する部内文書の存在調査に乗り出している。

 山根氏が「近年、目撃情報が後を絶たない。我が国の安全上の観点からも、情報収集は喫緊の課題だ」とただしたのに対し、答弁書は「特段の情報収集や外国との情報交換、研究はしていない」「わが国に飛来した場合の対応も検討していない」などと、つれない回答に終始。ただ、町村信孝官房長官は記者会見で「個人的には絶対いると思う」と述べ、公式見解と「対立」する見方を披露した。
……いやね、言いたくはないけど、国会で木曜スペシャルの話をしてどうするのか小一時間問い詰めたい気分。
彼らは税金を何だと思っているのか?
UFOの事が気になるんだったら、専門家に調査を依頼すればいいだろうに。
専門家っていっても、矢追センセイじゃなくて、しっかりとしたデバンキングのできる方(と学会の皆神氏や志水氏みたいな人など)に任せればいいわけで、どっちかって言うとテレビの特番でやればいい内容だろ?

まあ、↓この辺の本でも読んで、考え直してほしいところですな。
奇妙な論理〈1〉だまされやすさの研究
奇妙な論理〈2〉なぜニセ科学に惹かれるのか

続きます。
[PR]
by bowworks | 2007-12-20 23:31 | ニュース

体裁だけの監視?

元ネタ:Excite エキサイト : 国際ニュース

以下引用。
税関船で日本の捕鯨監視へ 豪政府が発表

【シドニー19日共同】オーストラリアのスミス外相とギャレット環境相は19日、記者会見で「調査捕鯨に名を借りたクジラの殺りくをやめさせるため、日本の捕鯨船を監視する税関の巡視船を数日以内に南極海に派遣する」と発表した。外相によると、派遣はあくまで国際海洋法裁判所への提訴など法的手段をとる場合に備えた証拠集めが目的。クジラ捕獲現場の写真やビデオ撮影は行う。
……いやいや、面白い話になってきましたね。
何でも、野党のほうは反対しているらしいんですが、与党の方が公約しちゃってるって事もあって、何とか体裁だけでも整えなきゃいけないって感じで、軍艦ではなく巡視船を送ることになったらしい。

まあ、若干詳しいのはコッチのAsahiのサイトに出ているんで、リンクしときます。

ただ、別のソースだと、機関砲が装備ざれているとのことらしい(まあ、巡視船だしね)。
某掲示板のスレッドにあった話だけど、シーシェパードなどの環境テロリストの船と捕鯨船が接触した際に、この巡視船が難癖つけてくる可能性はありそうな予感。
現地の捕鯨船員の方々が、心配だなぁ……。

話は変るけど、「国際裁判所に提訴」なんて話になっちゃってるんだけど、IWCで認められている調査捕鯨(そしてその後の処理)に対して、何を訴えるつもりなんだろう?
それに、wikipediaによると「両当事国の同意において付託」なんて書いてあるんだけど、つまりこれって、一方が何を訴えようが、もう一方が認めなければ裁判が始まらないってことだよね?
オーストラリアの偉い人は、そのことを理解してるのかなぁ?

それに、もしこれが国際裁判になったとしても、日本には全く非がないんだから、オーストラリアの言い分は通らないんじゃないかと。

ま、とりあえず、コトの成り行きを見守るしかないんだけどね。
[PR]
by bowworks | 2007-12-19 22:44 | ニュース

銃規制より弾規制だねっ!

元ネタ:Excite エキサイト : 社会ニュース

以下引用。
<佐世保発砲>「なぜか銃を所持」不審がっていた住民

流血の惨事から一夜明け、容疑者は自ら命を絶った――。長崎県佐世保市名切町のスポーツクラブ「ルネサンス佐世保」で2人死亡、6人が重軽傷を負った乱射事件は15日未明、突然結末を迎えた。自殺したとみられるのは、被害者の1人と中学校の同級生だった馬込政義容疑者(37)。容疑者の死亡でさらなる危険が消滅したことに付近の住民は胸をなでおろす一方、「いったい、なぜ乱射を」という疑問と、遺族の深い悲しみが残った。
うーん、この事件のニュースを知って、ふと、ボーリング・フォー・コロンバインを思い出した。
で、タイトルの漫談を思い出した次第。

先ほどテレ朝系のニュースで報じていたんですが、なんでも犯人は銃刀法で定められている量よりもはるかに多い散弾銃の実包を所有していたようで、そういう意味でも銃よりも弾丸の流れを規制するほうが、重要なのかもしれないと思った。

続きます。
[PR]
by bowworks | 2007-12-16 19:15 | ニュース

まあ、当然の帰結なんじゃない?

元ネタ:Excite エキサイト : 社会ニュース

以下引用。
<インターネット>青少年の4割が1日1回利用

 内閣府は15日、「情報化社会と青少年に関する意識調査」(06年度)の結果を発表した。インターネットの情報サイトを1日1回以上閲覧すると答えた人の割合は全体の41.2%となり、01年度の前回調査(17.9%)の2倍以上に増えた。新聞を読む時間が1日「0分」との回答が22.3%から47.7%に増える一方で、「30分以上」も8.7%から16%に増えている。

 調査は10~29歳の男女5000人を対象に今年3月、面接で実施。2468人(うち小中高生1166人)から回答を得た。

 小中高生のメディアの1日平均利用時間を調べたところ、テレビ視聴は高校男子(178.2分)、同女子(174分)がそれぞれ最長。携帯電話のメールを利用する中高生の3割以上が1日20回超発信しており、中学男女、高校女子では「51回以上」との回答が2割弱を占めた。【石川貴教】
毎日新聞の必死さが伝わってくるようですね。
でも、これはもうかなり前々からいわれていた「ペーパーレス社会」への移行の前兆と考えれば、とりたてて問題でも無いような気がする……。

でも、まあ、新聞を作っている人には申し訳ないんだけど、この割合はもっと増えるでしょうね。
だって、情報サイトは常に情報は更新されるわけですし、なんたってタダですから。
逆に新聞の方はというと、情報の更新頻度は少なく、有料の情報ですから。
どっちをとるかを考えるなら、多くは後者を取るでしょうね。
その良し悪しは別として、メリットの多さも、ネットのほうに多いと僕は思います。

情報は、どの状態であっても、結局は誰かの主観で書かれている。
それだけわかっていれば、新聞だろうがテレビだろうが、ネットのニュースだろうが、問題は無いでしょう。

ていうか、この記事でも、ちゃっかり新聞を30分以上読んでいる「若者」の増加を報じています。
本当なのかどうなのかはさておき、この部分に、新聞社の必死さを感じざるを得ません。


あ、僕ですか?
暇な時しか読んでませんよ、新聞なんて……。
ネットのニュースなら、仕事中でも読めますし、通勤時間でも携帯で読めますからね。
でも、新聞は家から持ち出さなきゃならないし、捨てるのに躊躇しますからね。
[PR]
by bowworks | 2007-12-16 18:12 | ニュース

どんだけヒマな軍隊なの?

ネタ元:Excite エキサイト : 社会ニュース
以下引用。
日本捕鯨海域に軍船派遣も 豪首相、提訴へ証拠集め

【シドニー13日共同】オーストラリアのラッド首相は13日、日本の調査捕鯨に関し、将来国際裁判所に提訴する可能性に言及、証拠集めのため南極海にオーストラリア軍の船を派遣し、捕鯨船団の写真撮影などを行うことも辞さないと語った。労働党は、先月の総選挙で政権を奪還する以前から、日本の調査捕鯨監視のため軍偵察機を派遣する方針などを示していたが、ラッド氏が首相就任後、この問題に言及したのは初めて。
……まあ、労働党は最初からそんな話もしてましたから、ポーズだけでも軍隊出さないと、国内の不満は高まっちゃうでしょうね。

……しっかし、どんだけヒマな軍隊なんでしょう。
まあ、ヒマツブシにシーシェパードあたりの愚行を何とかしてくれることを、期待するとしましょうか……。

話は変りますが、先日、和歌山の太地にまで反捕鯨キャンペーンをしにきた方々の中に、オーストラリア人の女優さんがいましたよね?

その方の写真を、偶然ABC振興会で見つけたんですが……、女優さんってスゴイですね。
イルカ保護のために流す涙も、実は女優のスキルだったとわかってしまうとアレですが、あの動画みて洗脳されちゃう人も少なからずいることでしょう……。

でも、そのあとでこんな笑顔を振りまけるなんていうのは……、いやもうなんといっていいやら……。
[PR]
by bowworks | 2007-12-15 00:30 | ニュース