<< FedoraCoreインストー... 食に関して考える >>

わかってる人にはわかってるらしい

2ちゃんねる経由のネタで恐縮ですが、面白い話だったので、以下引用。
【捕鯨】著名な豪学者「日本の捕鯨はOK。心配なのはオキアミや小型甲殻類の方だ」→豪紙社説で猛批判を浴びる
環境問題専門家で「2007年度オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたティム・フラナリー教授は、日本が予定している1000頭の捕鯨ならば種の持続可能だという。

教授は、「それよりも海洋生物の多様性の観点で心配なのはオキアミと小型甲殻類で、これらは食物連鎖体系を維持する上で不可欠です」と語った。オキアミの生息数は乱獲と海温の上昇によって減り続けており、食糧資源が全滅に向かっている。教授は将来はさらに危機に瀕することになると心配している。日本の年935頭のミンククジラを捕殺する計画は種を脅かすものではないと言う。
「日本の捕鯨が種の維持を不可能にするなどと言える確証はありません。生息数の減少につながるとはとても考えられない」。

この著名な科学者は、日本が今年計画していた最大50頭のザトウクジラの捕殺を断念したのでほっとしたと言う。彼にとっては、クジラが「どのような殺され方」をするのかが気懸かりで、「出来る限り人道的な方法」を採ってほしいと願っている。
フラナリー教授の見解は、ミンククジラなどの小型のクジラは維持可能な捕鯨ができると2003年に雑誌で論じて以降、一貫している。

ソース:豪シドニーMH紙

■ティム・フラナリー教授が一流という者など居ない。彼は暴言を吐いた前科もあり、ひと言多い男だ。
彼の初版本「The Weather Makers」にはデータに間違いもある。日本人のクジラの間引きにOK判断を下すなどの愚にもつかない考えを発表したが、そうした彼の見解は要注意だ。
オーストラリア人は、気を病む世界の多くの人たちと同じく海洋のこれらの美しい哺乳動物を殺す行為は野蛮で道徳的に間違っていると確信している。

来週、フラナリー教授にはオーストラリアン・オブ・ザ・イヤーを返上してもらいたいものだが、さらに我々は彼に対して、扇動的な意見はもう自分の中だけに留めておくよう訴えたい。

ソース:豪デイリー・テレグラフ(社説-抜粋)


わかってる人にはわかってる。
そうで無い人には、永遠にわかってもらえない話でもあるわけですな。






以前書いた話ですが、反捕鯨運動と創造科学(というか特定の宗教的なイデオロギー)の関係というのは、かなり近いものがあるんじゃないかというのが僕の持論なわけですが、今回のニュースもそのあたりの香ばしさが感じられるわけです。

例えば、「美しい哺乳動物」という表現ですが、美しさの基準はどの辺にあるのかを誰も規定していないのですが、反捕鯨運動をされている方々は「鯨やイルカは美しい」といいます。
しかし、カンガルーや野生の馬は増えすぎたといえば間引きされ、クリスマスになれば七面鳥を大量に消費するわけです。

同じ野生の哺乳類であるにもかかわらず、一方は何か特別な存在のようにあがめ、もう一方は自分たちの都合でサクサクと消していきます。
そして、自分たちと意見を異にするものに対しては、一方的なバッシングやネガティブキャンペーンを行います。
それが例え同胞であっても、かなり酷いバッシングを受けることになるでしょう。
この辺は、某宗教が大半を国民の占めるある国での無神論者の扱いに近いものがあるかもしれません(この辺は僕の主観ですが、モーガンスパーロックの30デイズ(2ndシーズン)のvol.3を観ていただけると理解できるかもですね)。

まあ、兎に角、どんな国にも「わかっている人」はいて、わかっているが故に叩かれてしまう人もまた存在するわけですね……。
[PR]
by bowworks | 2008-01-03 00:28 | ニュース
<< FedoraCoreインストー... 食に関して考える >>